仙台・経が峰と東照宮 SENDAI(KYOGAMINE&TOSYOGU)

b0099809_844844.jpgb0099809_8442836.jpg

仙台仙台たのしい仙台あ仙台仙   
  城下の南西、青葉城のむかいに、広瀬川はさんで位置する小丘=経が峰は、伊達家の霊園であります。伊達藩開祖・政宗の廟建築=瑞鳳殿は、見事な桃山様式ですが、残念ながらここも昭和20年の戦火で全焼しており、今の建物はその後の再建によるものです。とはいえ、FM局までDate FMにしてしまう仙台人の伊達愛によって、往時の華麗さを目にすることができます。左上は瑞鳳殿へ向かう参道の階段。霊場の趣が漂い、敬虔な気分を高めてくれます。右上、左下、右下はいずれも瑞鳳殿。中世から続く長い伊達家の歴史の中で変転した、竹に二つ雀・九曜紋などの家紋が扉に刻まれています。墓とは思えない絢爛豪華さ。再建ではありますが、場所の雰囲気も含めて、城下町・仙台を感じることができる素敵なエリアでした。江戸からの入口にあたるこの山で、自分が作り上げた城下町の守護神たらんとした政宗の気概を感じてしまいました。戦国の世を生き抜いた彼は、南から侵攻してくる敵といつか子孫が戦う日が来ると思っていたのではないでしょうか?仮想敵・徳川が滅び、平和のうちに繁栄し続けた城下町が、まさか支倉常長を派遣した海の向こうからやって来た戦闘機に自分の墓もろとも焼き尽くされるとはさすがの政宗も想像できなかったでしょう。

b0099809_8451567.jpgb0099809_859457.jpg

仙台仙台たのしい仙台あ仙台仙   
 左下の2つの霊廟は、2代藩主・忠宗と3代綱宗のもの。2代目は徳川への忠誠のために東照宮を造営しました(下中・下右写真)。ちょうど経が峰の対角線上、仙台の北東・鬼門に建てたのですが、大崎八幡宮と同様に戦火をくぐり抜け、仙台で数少ない江戸初期の姿を見ることができます。歴史の皮肉ですね。また城下町北方の北山には京都に擬えて、米沢や高畠など伊達の旧領にあった菩提寺を5つ移してきて、北山五山と呼んだそうです。いざという時の北の備えとしたのでしょう。ここも火災で昔のものは失われてしまいましたが、丘陵地に転々とお堂が並ぶ様子や江戸初期のままの輪王寺山門などに昔の風情を偲ぶことができます。
b0099809_8463242.jpgb0099809_847843.jpgb0099809_847315.jpgb0099809_8485793.jpg
[PR]
by shiromania | 2006-05-18 08:49 | 日本・東北&関東地方
仙台・大崎八幡宮 SENDAI... >>